基礎知識|採光とは

 

【オススメ!ポータルサイト】
自然光を生かす採光プラン 快適で健康的に暮らすためには、採光はとても大切な要素になります。
建築基準法でも住宅の居室の開口面積は決められていて、開口面積/床面積の割合を1/7 以上にしなくてはいけません。
ただし採光上有効な開口面積の算出の仕方は、条件によって違ってきますので、設計の専門家から説明を受けるようにしましょう コーナーサッシの採用 部屋のコーナーにL字形の窓を取ると、二面採光の明るさが得られ、部屋を広々と見せます。
L字の角にサッシ枠を取り付けず、ガラス面とガラス面が接するよう にすれば、さらに開放感が出ますが、この方法ではガラスをはめ殺しにしなければなりません。
換気も必要な窓でしたら、引き違いや突き出し窓などを組み合わせてください。
コーナーサッシを出窓にし、下部を物入れや空調の吹き出し口などにすると、スペースを有効に利用できます。
サンルームをつくる 天井や壁の一面を総ガラス張りにしたサンルームは、太陽光を最大限に採り入れた明るく気持ちのよい空間です。既存のテラスやベランダに取り付けられる手軽さ も人気の理由でしょう。冬季でも、日中は暖房がいらないほどの暖かさです。
反面、ガラスは断熱性が低いため、冬の夜は冷え込み、夏は温度が非常に上がります。
室内とサンルームの間仕切りは、ある程度の断熱性と気密性が得られるものにしておく必要があります。
また室内にこもった熱を逃がすために、換気用の天窓な どをつけると快適に過ごすことができます。
サンルームは居室というよりも、屋内と屋外を結ぶ暖衝地帯的な空間です。
必要以上の家具を置かず、グリーンで庭と の連続感を出し、ティータイムやリラクゼーションに活用しましょう。