採光とは

光を取り込むことの重要性、人間が生活する上で光とはとても重要な関係性にあります。
これから賃貸生活を始める上で知っておきたい知識をしっかりこのサイトで手に入れましょう!!


【オススメ!ポータルサイト】
賃貸
賃貸生活ってなに?なかなか聞けない相談も、気になる疑問もこのサイトで簡単解決!総合情報サイトはここだけ!
人が継続して使用する部屋を「居室」と言います。
光が入らない部屋に閉じこもるのは良い事ではありません。
ですから「居室」には一定以上の光が入るよう窓の大きさ、地域、敷地、建物の位置などの条件基礎法で定められています。
光を採り入れて、快適に過ごせる家づくりをしましょう。
採光とは自然光によって得られる明るさの事で、建築基準法上、住宅などの居室には採光上有効な面積を持つ開口部(窓など)を設けなければいけません。
(これは「日照」とは異なり、実際に太陽の光が直接あたる事を保証するものではありません。) 従って、太陽の光が直接あたらない北側や吹き抜けに面した居室でも、法的な採光は充分確保されています。
また、北側の窓でも障害物がなければ、かえって南側の窓よりも明るさが確保できる場合もあります。